汗と体臭

汗かき男性

人の体には体温を下げる為に汗を分泌される機能が付いています。 汗は2種類の汗腺から分泌されます。

一つはエクリン汗腺です。このエクリン汗腺から分泌されるエクリン汗は99%が水分で無臭です。

もう一つは、アポクリン汗腺と言い、アポクリン汗腺は特定の場所にだけあり、臭いの原因となる汗を分泌します。

どちらも、そのままでは臭いを発生しないのですが、皮脂や雑菌と混ざる事で臭いを発生してしまいます。

そしてこの汗腺がとても多くある場所が「足」と「脇」です。 足にはエクリン汗腺が多くあります。

足の裏は、靴や靴下をはいている事でとてもムレやすくなっています。エクリン汗はほとんどが水分ですので臭いはありませんが、このムレが原因で細菌が繁殖し、エクリン汗の一部の成分と混ざり合い悪臭を発生してしまうのです。

腋も同様で、腋の下というのはいつも一定の温度が保たれている為、細菌がとても繁殖しやすくなっています。

腋の下にはアポクリン汗腺がとても多くあります。このアポクリン汗にエクリン汗と細菌が混ざり合うことで、さらに強い臭いへと代わってしまうのです。

そして体全体には潤いを保つ為の皮脂が張り付いています。 この皮脂に汗が混ざる事で皮脂が分解され臭いを発生させてしまいます。

このように臭いを発生する原因は汗にあります。

そして意外にも、自分の体臭に自分で気づく人は少なく、ほとんどの場合他人からの指摘などで気づく人が多いようです。
[br num=”1″]
[cc id=10 title=”柿渋商品”]