加齢臭と体臭

加齢臭

最近よく耳にする加齢臭とは、中高年特有の体臭の事を言います。

この加齢臭は「ノネナール」という成分が原因で起こるようです。 この「ノネナール」は加齢とともに増加します。 特に男性に多くみられることから「オヤジ臭」とも言われています。

しかし、男性だけではなく、40歳を過ぎたころの女性からも加齢臭は出るそうです。

加齢臭や体臭に悩まされる日本人が増えてきた原因は食事にも関係があります。

戦前の日本人は、もともと魚や繊維質を多く含む野菜、低脂肪の食品などの主に野菜中心の食材を多く摂っていたのです。

それが戦後になり、食事も欧米化して、肉類や乳製品などの脂肪分が多く含まれる脂質性の高い食事へと変わっていったのです。

この事が元となり、加齢臭が気になるようになってきたのです。 動物性の脂肪分が体内で酸化することで、臭いが出てくるのです。

そして、女性よりも男性の方が加齢臭で悩む人が多いのにも理由があります。

それは男性の場合、女性より「飲酒」「喫煙」「不規則な生活」「外食などによる脂肪分の多く含まれた食事を摂る」といった事が多いのです。

動物性脂肪分は酸化させると臭いを発生させます。 これらの行動は脂肪分を酸化させやすくする為の要素を多く含んでいるのです。

そして、男性は女性に比べて汗をかきやすく、皮脂の分泌もはるかに多い為、臭いを発生させやすいのです。
[br num=”1″]
[cc id=10 title=”柿渋商品”]